注目のホットスポット

購入者のニーズと業者の取り組み

大きな家

西武池袋線と地下鉄との直通でますます利便性が高まっているので、飯能市は注目のエリアです。しかも価格が割安な新築一戸建て住宅が多いので、初めてマイホームを購入する人にも最適な物件が多いです。そのために20代から30代の世代の飯能市内の新築物件へのニーズが強く、地元の不動産会社でも2000万円台を中心とした物件の開発に積極的です。また低価格帯の一戸建て住宅であっても、設備の充実した物件へのニーズが非常に強いです。そのために仕入れコストや宣伝コストを削減して、質の高い一戸建てを分譲するのが飯能市内の業者のトレンドです。また敷地の広さと日当たりの良さをアピールする物件が多く、特に太陽光発電システム付きの物件は大人気です。

今後の分譲物件の予測

2020年の東京五輪に向けて、都内の不動産価格の上昇は著しいです。しかし飯能市内の新築一戸建ての価格は、今後も安定することが想定可能です。したがって飯能市内の一戸建て住宅は、今後も若い世代を中心にますます人気が高まるでしょう。またすでに分譲された一戸建てが中古市場で販売されるので、手ごろな物件が更に活発に取引されるのが今後の未来像です。その一方でこのエリアの不動産会社にとっては、若い世代の変化する住まいに対するニーズを把握することが大きな課題です。特に暮らしにゆとりを求める人々が増えるために、間取りや設備の工夫が今後のテーマです。また積極的に新築物件を売りこむために、今後も不動産会社による売却サポートや不動産買取サービスへの需要が更に高まるでしょう。